2014年12月23日火曜日

今日のコーラ「ゆんコーラ 2014 初秋」



これは私が初めてゆんさんと西新宿の肉バルでお酒を酌み交わした、一夜限りの話である。


ゆんさんはなぜか、このブログでおなじみのこさりんさんとまりめろさんが来る1週前にフラット現れた。
なぜ同じタイミングにしなかったのか、それはゆんさんのみ知るところであった。

トラクターなど現代の農業に対する話題でひとしきり盛り上がったあと、ゆんさんとハイタッチして、私たちはそれぞれの街へ消えた。

右手は今もジンジンと痛む。








2014年12月10日水曜日

番外編「はるとさんのつづき」|みんなで連続小説 Advent Calendar 2014


みんなで連続小説 Advent Calendar 2014はるとさんのつづきです。


まじめに書いたのはこちら「10日目|みんなで連続小説 Advent Calendar 2014 | note」です。




「18時20分かー。ちょっと遅くなっちゃったな..」
「先輩がくだらない話してるからなー」

彼女の最寄駅、都立大学駅に着くと申し訳程度のクリスマスツリーが輝いていた。
幸い改札は一つだけで迷うことはなったが、彼女の姿は見えなかった。
なぜかコサカはとなりにいた。

「なぜおまえがここに?」
「ぼくがいなかったら先輩たどりつけなかったじゃん。だめじゃん」

確かに道に迷った時案内してもらったが、ここまでついてくることはないだろ。

「帰れ!」

そう言うと彼女を探して目を周囲に向けた。

都立大学駅は、渋谷、代官山、中目黒、自由が丘にすぐ行ける立地ながら、駅前がそこまで発展しているわけでもなく端正な住宅街といった感じだった。
行き交う人も冷たい風に肩を丸めながら足早に去っていく。

クリスマスツリーなんて誰も見ていなかった。
そんなツリーを遠目に見ていたが、内心はかなりドキドキしていた。
うれしさのあまりLINEでスタンプを送り散らかそうと思ったが、やめた。
すぐに彼女が息を切らせてやってきた。

「ごめんなさい遅れちゃって..!あ..れ..?隣の方は?」

振り返ると満面の笑みのコサカがカサカサと手を振っていた。
同様している俺をしり目にコサカが話し出した。

「圭一さんの実質後輩のコサカです。以後お見知りおきをー!」

「え?じ、実質?..どうも..はじめまして」

「じゃあ、みなさんいきましょー!」

なぜかコサカが仕切る。
ななめ45度に歩くコサカを必死で帰らそうとしたが、彼女の優しさとコサカの強引さによって却下された。

コサカがオフ会で見せる話術を駆使して、ひたすら彼女に話しかけている。
時折聞こえてくる「やるじゃん」「最高じゃん」に頭をかかえた。
こいつのせいで台無しだ。

しかしそんな会話の中から少なからず彼女の情報を得ることができた。
彼女はこのあたりの街が好きらしかった。
かわいいお店がいっぱいあるしねっと笑った顔がとても印象的だった。






部屋に付くと、つい部屋を見渡すように観察してしまい怒られてしまった。

「もう、そんなに見ないで」
「あ、いやつい仕事柄で..」
「もう先輩はそんなだから彼女できないStyleなんですよー」

おれがコサカを怒っているさなか、彼女が嬉しそうにしているのが見えた気がした。
しかしコサカの口調はだれの影響なのか..。

彼女の部屋は、女性らしくいろんな色が使われている割に、まとまりがあって上手いなと感心した直後、急にめんどくさくなってモンハンをしてくなった。
幸い彼女もモンハンをやっているらしく、3人で別々に狩りに出かけた。
そう村クエだ。

(上手にやけましたー!)
肉が上手に焼けたらしい音が左右から聞こえてくる。
ふたりはなぜそんなに肉を焼き散らかしているんだろう。




一息ついて、ベッドの搬入について聞こうと思ったとき、
部屋の隅に申し訳なさそうに置いてある絵が目にとまった。

「その絵..テ..ケ...スン....?」


2014年12月8日月曜日

番外編「すぴかあやかさんのつづき」|みんなで連続小説 Advent Calendar 2014


みんなで連続小説 Advent Calendar 2014すぴかあやかさんのつづきです。



「天王寺かぁ」
外出から戻ると、パーティーの招待状が届いていました。

私の友人がよく天王寺てんのうじとつぶやいていたなと思い出したりしていると、
「圭一さん、パーティー行くんです?」
コサカが話しかけてきたのです。

なんとコサカは後輩で、プログラマーをしている関西人。
ことあるごとにオフ会に参加し、ありとあらゆる同業に顔を知られている、韋駄天コサカと呼ばれるほどの男なのです。

ふっとあらわれては、ビールを飲みほし、その会を席巻するさまは、人の仕業とは思えないほどなのでした。


「うーん…」
「もし行かないのであれば僕がかわりにいきましょうかー?」
さっそくコサカが責め立ててくるのです。
きっと参加したくてしかたないのでしょう。

「なぁ、コサカ」
「はい?」
「今週の日曜日、俺とおコーラしようか?」
コサカが俺との距離を空けました。
さすがの韋駄天。目にもとまらぬ速さでした。

「いや、なぁ?このパーティーに来るか?」
「えっ、まじっすか、行くこと山のごとしー!」
コサカの返事を聞き流しながら私は帰り支度をして、そさくさとその場をあとにしました。

「今日は家具搬入に付き合わないといけないんでな」
コートを着込み、聞かれてもいないのにそんなことをつぶやきました。
コサカからの返事はない。だが今夜は予定がある。

2014年12月1日月曜日

今日のコーラ「こさりんコーラ 2014 ノーベンバー」


その日、
お恥ずかしいことですが、私はワクワクしてしまって、午前9時には目が覚めてしまいました。

こさりんさんが7時には新宿に着くというので、モンハンでもやろうかと思い、早起きしようとしたのですが、目覚ましに気づかないという始末。

ワクワクとは怖いものです。

これは、いち大事とあれこれ物思いにふけったり、ツイッターをしているうちに、いつの間にか時間が経ち、合流できたのが10時45分。






着いた早々、
こさりんさんの先制パンチが飛んできました。

「部屋間違えました?」

なんと鋭く的確なご指摘なのでしょう。
私は呆然とし、何も答えられずにいると、
こじかさんがモンハンのレベルをG級にあげちゃおうと助け舟をだしてくれました。
やさしいですね。

まりんちゃんはいろいろ情報を集めていて何でも知っていました。
私の勤務地や住んでいるところなどを。
なんとなく今度ポテチでもあげようと思いました。





一瞬でG級にあげてもらうと500円を支払って会場を後にしました。
これからてぃば家でタコパがあるためです。

だがしかし、この時の私は知る由もなかったのです。
そう、シャウエッセンが買えないことなど。






待ち合わせ場所に着くと、すこし遅れてまりめろさんとみやさんが到着したのでした。
2人のテンションが異様に高く、とてもついて行けない私。
日頃真顔で生活している私には、どう対処したらよいかわからなかったのです。


近所のスーパーはとても広く品揃えは抜群でとても羨ましく嫉妬を覚えるほどでした。
もちろんシャウエッセンも置いてあったのですが、さすがのシャウエッセン。
とても高額で、みなさまから非難の声がシャウエッセンに。
泣く泣く2グレード落とし、よくわからないソーセージ(シャウエッセンでない)を買ったのでした。

その代わりなのか、私だけ別に缶コーラを用意してくれたのがとても心に染みました。
ありがとう。





てぃば家ではてぃば夫婦が仲睦まじく準備をしてくれ、わたしはただ撮影をしたり、歩いたりしているだけでたこ焼きを食べることが出来たのを覚えています。

ちなみにですが、まりめろさんのたこ焼き回しは圧巻でした。
1秒間に11回まわしていました。
たかさん(@takazip)が投稿した動画 -


たこ焼きを食べ終わるとサプライズがあったのですが、それはこのブログの趣旨から外てしまいます。
なので、その嬉し恥ずかしなサプライズの詳細を書く事は差し控えたく。
読んでくれている方も、そんなものを読んで貴重な時間を溝に捨てたくははず。
他人の幸せな話ほど語るに値しないものはないのです。






またしばしモンハンをたしなみ、食事へと出かけたのでした。
メンバーも優さん、栗ごはんさん、まっつんさんなどを加え、しゃぶしゃぶをあきれるほど食べたのでした。
みやさんに関しては、食べ過ぎてお腹を壊して夜に起きるほどだったのです。
なぜそのようになるまで食べたのか。

こさりんの横から3人目の位置に座る事により、まったく写真を撮れずにいました。
残念な私はお店を出る時にこっそりと、のれんの隙間からこさりんさんを撮る事しかできませんでした。こさりんさんの目線をいただけました。
写真を撮っているとかしゅうさんが早く行けと、せかしてきましたね。


い、今回のこさりんコーラはここで終わり。
実質公開出来る写真が少なくて申し訳ないのです。
次はがんばろうか。うん。




2014年9月18日木曜日

今日のコーラ「こさりんコーラ 2014 初秋」後編


その日、
なぜかわたしは早朝から会社に行って
コーディングをしていたのです。

仕事は終わらなかったですが
昼からみんなで集まってご飯をたべることになっていたので渋谷へ。
今日は、昨日と違って通訳でかしゅうさん(@daybreak_dawn)がいるので
安心してこさりんさんと会話ができます。


そーいえば、
「たかさんに囲まれた!」
とワケのわからないことを言っていましたね。



ヒカリエの上にあるお店です。
広いのですが満席で少し待ちました。

フラワーズコモン (FLOWERS Common) - 渋谷/カフェ [食べログ]

なぞのダブルテーブルシステムで、
こさりんさんとかしゅうさんは
同じテーブルで私はべつになりました。

かしゅうさんの頼んだスイーツプレートが一番最初に来たので
みんなのカメラがいっきにかしゅうさんに集まり、
あたりが騒然としたのは鮮明に覚えています。






そのあとちょめが合流し、会場へ向かいます。
なんとあのあひぽよの結婚パーティだったのです!





大阪からはるばる、こさりんさんとやっとさんは訪れたのです。
ふたりを祝福するために。



有名な人たちがたくさんいました。
某社長さんとか。
ぱくたそ(写真素材・商用無料(フリー)ぱくたそ/PAKUTASO)の中の人、
すしぱくさんにはステッカーをいただいちゃいました。



こさりんさんは運がよく、クジでモヤットボールをもらっていました。
はにかんでました。



バンド演奏や、ダンス、歌、司会など
とってもたのしい会でした。


料理は食べ放題で、
肉とケーキを交互に食べるこさりんさん。
味覚が混乱していたのでしょうか。
心配です。





ゆりかもめに乗って帰り散らかしてる様子を。
はやりのタイムラプス動画の撮れる
「Hyperlapse from Instagram」で撮影してみました。
参考までにどうぞ。







帰りは東京駅からのバスで
みんなで見送りに行きました。

そのときのこさりんさんの顔はとてもきれいで
その写真をアップできないことが
悔しくてしかたありません。




家に帰って、こさりんさんの置いていった牛乳(ぎうにう)を飲みながら。

Fin.

2014年9月16日火曜日

今日のコーラ「こさりんコーラ 2014 初秋」前編


いつものように、
大きなカメラと茶色いバッグを肩に掛け、
その方はやってきたのでした。

到着は6時過ぎ。
行き着けのマクドナルドで時間をつぶしていたようでした。




9時オープンのサラベスに行こうと誘われていたので
向かってみると、
YATさん(http://wp.yat-net.com/)もいらっしゃいました。
そして青いカーディガンを着た優さんも。

サラベス ルミネ新宿店 (Sarabeth’s) - 新宿/パンケーキ [食べログ]

ニューヨークの朝食の女王とうたわれるサラベスは、
未だに人気らしく、
整理券で10時半過ぎに来いといわれたことを聞くと
優さんはイベントがあるとのことで、いち早く抜けました。
ああさようなら優(http://webcre8.jp/)さん。


10時半まで時間をつぶすのは至難の技。
なぜならお店が空いていないからなのです。
偶然見つけたスターバックスに救われて
そこで時間をつぶすことに。

こさりんさん(@cosarin)(http://cosarin.com/)と、
やっとさんはなにやら難しい話をしていたので
私は耳を塞いで休憩していました。

耳を塞ぎ散らかしているとあっという間に時間は過ぎ
10時半。
サラベスへと戻ると行列は消え、
さっと店内へ入れました。

念願のエッグベネディクトを食べることができたわたしは
記念にとこさりんさんの写真をぱちりと撮ったのでした。




続いて向かったのはアップルパイがオススメの、
渋谷にあるザリガニカフェ。

ザリガニカフェ (Zarigani Cafe) - 渋谷/カフェ [食べログ]

着いたのにも関わらず、
だれもアップルパイを食べない仕打ち。
食べないなら別のお店とか、
違うとこに行ったりしたのに、なんということでしょう。

でも店内がおしゃれなので、
ツイッターについてインタビューされる
こさりんさんの良い写真が撮れました。
良いインタビュー記事が書けそうで、
みなさん満足そうでした。







急遽、なつみイヌ(ナツミーヌ|フリー写真素材ぱくたそ)さんと
イケダハルト氏も合流し、
イケダハルト氏のダーツを買いに行くことに。
買ったダーツはすぐ投げたいだろうと
ダーツをやりに行きました。

こさりんさんは案の定、
ダーツを投げて拾う遊びをたのしそうに
やられていました。




夜はこさりんさんお得意の焼肉です。
うしごろバンビーナという話題のお店です。

うしごろバンビーナ 渋谷店 (焼肉&バル) - 渋谷/焼肉 [食べログ]




くまひよ(わーきんぐでいず)さんと、
やっとさんのお知り合いのさくらさんと、ここで合流。
旨い肉をここぞと食べ散らかすのでした。







みなさん満足そうでしたが
時間制のため、雨の中2軒目に。
急遽予約を取ってくれたはるかさん
ありがとうございます。




次は沖縄料理です。
ふーちゃんぷるーとらふてーは最高。
こさりんさんはコマをまわしてそれどこではないご様子。
さらにビールはすすみ、
ろれつがコマ同様まわっておりませんでした。




そんなべろんべろんに宿をとっていないこさりんさんを
家に連れて行き泊めてあげることにしました。

なにやらいつも泊まっている友人宅の主が地方にいるとのこと。
事前に確認しないのが不思議でしたが、
それもこさりんさんのStyle。
頭が下がること山の如しといったらこのことかと思いました。



私の家でこさりんさんは卒論の話をされていました。
なかなか面白いテーマでした。
気になる方は直接お伺いすることをおすすめします。

そして牛乳(ぎうにう)1リットルを買ったことを
問いただしたいと思っています。
なぜなのか!?
そう、なぜなのかと...。




さて初日はここで終わり。
翌日のお話でこさりんさんが、
なぜ東京に来たのかわかりますよ。


2014年8月22日金曜日

今日のコーラ「コーラバス」

しょーたって、だれやねん


おーい!
しょーたってだれやねん!!!!

…おーい!!!!!


2014年8月20日水曜日

今日のコーラ「築地 大和寿司」


築地にある寿司大と大和はお店も近くどっちもかなり並んでる人気の寿司屋さん。

今回は大和に。
1.5時間くらい並んだような…。

見た目はちょっと荒いですがうまい!
基本おまかせで頼めば適当に握ってくれます。それでだいたい4000円。

あと足りない人は好きなのを頼むって感じ。ウニとか3貫くらい追加して5000円くらいでしたー!

夜行バスとかで早朝東京着くなら、築地の寿司もいいかも!
昼には食べ終わってるはず…。









ジンジャーエール買ってー飲んだー




2014年7月15日火曜日

今日のコーラ「こさりんコーラ 2014 梅雨後半」


またまた「こさりん(@cosarin)」さんが東京に来られるとのこと。
今年に入って何度目でしょうか。
夜行バスのフットワークの軽さには頭が下がるばかりです。



今回はお昼からお会いしていただけるようで、
わたくしもわくわくして前日は寝つきが悪く大変でした。



まずはソラマチにて、ランチをいただきます。
昨日寝れなかったせいか、少々遅刻をしてしまいました。






焼肉などをいただけるお店の前に、
並んでくださっているみなさまに合流すると
こさりんさんが「となりのお店とこちらのお店の端に座れば、実質となりだから別の店に並ぶ?」と
突飛な提案をしてくださいました。

この発想力がプログラミングに活かされているのでしょう。




北海道からはるばる来ていただいているまりめろさんにいたっては、
「え?聞こえない」と
わたくしの声が遮断されており、会話がむずかしい状態でした。



今回は7人の大所帯。
ソラマチの混雑の中では。4人:3人に分かれるほかありません。
ランチで帰られる初対面の方もいらしたので、
その方と別のテーブルなのは少し残念でした。


写真は、ダイオウグソクムシをさわるこさりんさん。



こさりんさんはなぜか冷麺の激辛を頼んでおられました。
「その店のMaxを知れば、次来たとき、Bestを選べる!」との自論により。
ただ、食べ始めてから終始辛そうにしていて、
スイカや、ゆでたまごにすがりながら激辛冷麺をすする姿を
涙せずには見ることはできないのでした。

もう次来ないだろうに...。






その後は水族館へ。
初めて来たのですが、なかなか楽しめました。
こさりんさんは「同じ魚を使いまわしてる」と
先ほどの冷麺の影響か、ここでも辛口なご様子。

ただ、ヘンタイの写真撮影では
終始なごやかなムードで終えることができました。







ソラマチはじめてちゃんと見ましたが
なかなか面白いお店が多く、
また来たいと思いました。








ソラマチ探索後、浅草へ。
こさりんさんは浅草の常連らしく、すでに3、4回来ているというマニアっぷり。
「ライモン!ライモン!」と騒いでおられました。

ここではおみくじを。
わたくしは人生はじめてと言ってもいいほどの大吉を引き当てたのに対し、
こさりんさんは吉のようなものを引き当てておりました。
あまり良いことは書いておらず、がっかりしていた姿に
涙をこらえきれませんでした。





かっぱ橋へ向かう途中、
1ヶ月ほど前から食べたかったと、たい焼きをたべるこさりんさん。
さらに疲れたと、偶然みつけた中華チェーンで餃子とフライドポテトを食べるこさりんさん。
このあと、焼肉を食べるというのに。


写真は、ダイオウグソクムシをさわるこさりんさん。



「焼肉は食べれば食べるほどお腹がすいてくる。」
「実際、お腹いっぱいなのに食べれたときがある。」と
経験から導き出した自論を振り回していたのでした。エイエイッ

わたくしも学生の頃には、焼肉に自我を乱された男性を見かけたものです。
しかし、その時のこさりんさんほどに
恍惚におぼれたような顔を見たことはありませんでした。





焼肉に向かうため、目的地へのグーグルマップをみて案内をしていたわたくし。
しっかりと目的地に着いたのですが、そこに目的にお店がありませんでした。
けっして迷ったとかではなく、確実に目的地には着いたのですが、
そこはお店ではなかったのです。

食べログから地図をだし、お店へと向かいました。





入り口がわかりにくいお店へとたどり着きました。
接客もよく、おいしいお肉が食べられ大変満足でした。
ただし、片面3秒、4秒、10秒など、お肉によって焼く時間が定められており、
数字に強くないと良い焼き加減で食べれないかもしれません。





忘れそうでしたが、なんとかコーラ写真を撮れました。



帰りはこさりんさんのバスの出発時間までダーツをして時間をつぶしました。
ダーツの先が折れても気づかないこさりんさんは、
捨てるようにダーツをポンポンとほおっておりました。


写真は、左手で器用にダーツを投げるこさりんさん。



23:30過ぎ。
バス停まで見送りました。
こさりんさんはかなり疲れていたらしく、バスではぐっすり寝れたようです。

梅雨の期間ですが、雨に降られることなく、
たのしくすごせました。
ありがとうございました。





こさりんさんもブログを書いてくれました。

[東京]大塚にある東京苑で焼肉食べてきた | cosarin.com